犬の咳や呼吸困難

最近うちの子、咳が多くて苦しそうにしているのよね・・・

 近年、ワンちゃん達も獣医療の発展によりだいぶ長生きするようになりましたね。
 そんな高齢になってきた家のワンちゃんが『最近、咳を連発するようになった』とか『呼吸が苦しそうにだ』などといった症状を現していませんか?そんな症状と共に、散歩好きな子があまりお散歩へ行かなくなったり、運動していてもすぐに座って休んでしまうようになったという事はありませんか?
 そんな症状が出て来た場合、何の病気を疑えば良いのでしょう?

咳が出ているのは、ただの風邪じゃないの?

 原因はさまざまですが、その中でも良く見かける咳の原因をお伝えします。
 小型犬の多くは、生まれつき気管が弱くつぶれてしまう事により、気管同士がくっついた時に咳を発する病気があります。その咳が止まりにくくなり連発するため、呼吸が苦しくなったり、夏場は換気不全により体温が上がりすぎ、熱中症も引き起こしてしまうのです。これを『気管虚脱』といいます。この病気は生まれつき気管が弱いワンちゃんに起こるため、小さい頃から症状が出る事もありますが、お年を取って気管が弱くなったワンちゃんにも多発します。この病気には、多くの場合内科治療を用いますが、外科治療により完治を目指す事も可能と言われています。

えっ!? 咳がひどいのは心臓が悪いの?

 しかし、その病気を考えているだけではいけません。もっと怖い病気があります。
 それは『心疾患』です。その中でも多いものが『僧帽弁閉鎖不全症』です。
 この病気は、左心房と左心室を区切っている弁が変形してしまったり、弁を引っ張る『腱索』が伸びたり切れるために、血液の逆流が起こり心雑音や循環不全を起こす病気です。このような逆流から血液の渋滞が起こり、肺の部分で血管内から体液が肺の中に流入する『肺水腫(はいすいしゅ)』が発生します。この『肺水腫』は、体液が元の液体ですので栄養満点の液体です。これが肺へ流入することにより、常在菌が増殖し肺へ炎症を起こします。それが肺炎・気管支炎となり、『咳』や『呼吸困難』の症状を生じます。また、肺の中に液体がたまりますから換気不全にもなり、身体の酸素化が上手くいかなくなります。さらに呼吸が荒くなるので『呼吸困難』を呈するのです。こういった『肺水腫』から生じる『咳』は、とても重症な心臓の状態とお考えください。そのため、先述した『気管虚脱』や他の咳と一緒にして様子を見る事は、非常に危険なことと認識してください。

お薬飲んだから咳が治まったからもう大丈夫!・・・ じゃないの?

 心臓は皮膚と違い、治療しても以前の心臓の機能に戻りません。心臓の薬や利尿剤を飲むことで、咳などの症状の改善はあるでしょうが、心臓の治療とは現時点での心臓の悪いステージを何とかとどめるか、進行する心臓病のスピードをいかにゆっくりにさせるかというものなのです。ですから、心臓が悪いと先生から言われたら、きちんとした心臓機能検査を受けて、必要であれば心臓の薬を服用してください。

心臓病予防に歯みがきが大切って本当?

 また、この心臓病は主に歯牙疾患からなると言われています。歯石のついた歯から歯周菌や菌毒素が血管から心臓へ行って弁などに問題を起こさせるのです。ですから、この病気にさせないためには、家でのデンタルケアがとっても重要になるのです。おうちで歯が上手く磨けないのであれば、病院へ相談して病院で歯みがきを行ってもらうのも良いでしょう。ただし、歯垢のうちでなければ歯みがきで取れません。歯垢は3日くらいで歯石になります。歯石になると、もう歯みがきでは取れません。ですので、一週間に一度の歯みがきではダメなのです。
 獣医さんが『歯みがきをもっとしましょう』とか『歯みがきの訓練をしてくださいね』というのは、治らない心臓病にさせないための忠告なのです。

心臓病の予防にはデンタルケア! 治療にはお薬の継続が不可欠なんですね!

 身体で一番重要な心臓を病気にすれば、当然寿命が短くなります。
 ちょっと考えても、『歯が汚い→心臓が悪くなる』という公式は想像できませんよね。でも、動物の場合これが結構多いのです。
 頑張ってデンタルケアをする事が、皆さんの可愛いワンちゃんの寿命を延ばすと言っても過言ではありませんので、頑張って歯磨きの習慣をつけてください。

患者様ご来院エリア:江東区 豊洲 東雲 辰巳 有明
【LUNAペットクリニック潮見】 〒135-0052 東京都 江東区 潮見 2-6-1 潮見駅前プラザ一番街 TEL:03-5632-6566
Copyright©2012 ルナペットクリニック潮見 All Rights Reserved.