ハムスターの健康管理 Health Management for Hamster

 まず皆様に知っていただきたいのは、ハムちゃん達は病気を隠そうとする動物です。
 これは、肉食動物が弱った動物を狙う習性がある事に対し、食べられてしまう動物達は病気を隠して弱っていないことをアピールする本能があるためです。そのため、病気になってもギリギリまで頑張ってしまうので、飼い主である皆さんにも病気の存在を隠してしまい、病気の発見が遅れてしまうのです。
 皆さんが見て明らかに病気と分かる症状の時は、かなり病気が重い状態の事が多いと思ってください。
 これもまた、ワンちゃん・猫ちゃん同様『病気になったら受診する(治療)』よりも『健康と思っていても何か問題がないか受診する(予防)』という事が、いかに大切なのかを示しています。
 ですから、私たち動物病院も『病気になって行く所』から『病気にならないために行く所』へ変化しつつあります。病気になってしまうと助からないものもありますから、ならないように予防を行う事がベストと思っていても間違いではありません。
残念ながらハムちゃん達には、ワンちゃん達や猫ちゃん達のような予防に対するものがあまりありません。そのため、元気があっても定期的に病院を受診し、健康診断を行って病気の早期発見に努めていただく事がとても大切なのです。
また先ほど述べたように、病気をギリギリまで隠す習性がありますから『今日はご飯を残しているな。ちょっと飽きちゃったかな?』や『いつもより動きがないけど、ちょっと遊びすぎて疲れちゃったかな?』とポジティブに考えないようにしてください。むしろ『いつもは完食するのに、今日はご飯を少し残しているのは何か病気になっちゃったかな?』や『いつもより動きがないのは、どこかきっと悪いんだ!』とネガティブに考え、できるだけ早く病院へ行きましょう。
 初期治療が早ければ早いほど、早く良くなる可能性や助かる可能性が高くなります。もし、病気でなかったとしても、先生に大丈夫というお墨付きを受ければその後も安心して生活できますね。
 そのため、出来れば毎日の体重測定と食餌を食べた量のチェックをしていただく事をお勧めしています。食餌の量は、一日で食べきる量を与えて体重が一定に維持できる量をお勧めしています。
 そうすれば『今日はきちんと食べて体重も変わらないから健康かな?』とか『今日は食餌を少し残していて、体重が減っているから、病気かもしれない。病院へ行かなくちゃ』などと、症状が表に出ていなくても調子の良し悪しが分かります。決して『今日は食餌を飽きちゃったかな?』とか『おなか一杯でまだ食べていないのかな?』と間違って判断しないようにいてください。
また、食餌以上に大切なのはトイレ掃除です。当院ではおトイレ掃除は毎日してくださいとお勧めしています。その理由は、我々やワンちゃん・猫ちゃんと違い、『下痢』という症状がハムスターの場合、死に直結する病気だからです。みなさんご存知の『ウェットテイル(ぬれたしっぽ)』とは、下痢などで尻尾がぬれた状態の事を指します。そのため毎日トイレの便をチェックし、下痢を発見した場合すぐに病院へ行って頂きたいのです。早期発見、早期来院が下痢症を助ける治療のひとつでもありますから、日頃のトイレ掃除と便のチェックはかかさず行いましょう。
 あとは、定期的な病院での健康診断です。もちろん、おうちでも身体を触ってもらい、痩せていないか、シコリがないかなどをチェックする必要はありますが、お腹の中の異常や心雑音・不整脈などは先生でないと分からない事が多いです。そのために、病院での定期的な健康診断をしてもらい、触診、聴診で病気を早期に見つけてもらいましょう。
患者様ご来院エリア:江東区 豊洲 東雲 辰巳 有明
【LUNAペットクリニック潮見】 〒135-0052 東京都 江東区 潮見 2-6-1 潮見駅前プラザ一番街 TEL:03-5632-6566
Copyright©2012 ルナペットクリニック潮見 All Rights Reserved.